【病気の知識】

ピロリ菌と胃の病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、胃粘膜内などの消化管内に常在するピロリ菌(Helicobacterpylori)が、さまざまな胃・十二指腸疾患と関わりを持っていることが明らかになってきた。検査を受け、胃潰瘍、十二指腸潰瘍と診断されたときには、ピロリ菌検査が施行されているのかどうかチェックする必要がある。

 平成12年11月1日より、胃潰瘍・十二指腸潰瘍に関して、ピロリ菌の診断検査が保険適応となった。しかし、「どのような胃・十二指腸疾患とピロリ菌が関連を持つのか?」「どのようにして胃十二指腸のピロリ菌感染を診断するのか?」「ピロリ菌の除菌治療の対象疾患とは?」「どのようにピロリ菌を除菌治療するのか?」などに関しては、いまだ医療現場でも問題を抱えている。

ピロリ菌と関連のある病気とは?

 ピロリ菌との因果関係が強く主張されている疾患は、なんといっても胃潰瘍と十二指腸潰瘍だ。日本ヘリコバクター学会のガイドラインでも、「ピロリ菌除菌療法が勧められる疾患」と分類されている。この他にピロリ菌との関連が疑われている疾患として、「低悪性度MALTリンパ腫」という病気がある。これは悪性リンパ腫の一種と考えられている。低悪性度MALTリンパ腫は胃がんとは異なる病気で、その50%から80%の症例がピロリ菌の除菌治療により改善がみられることがわかってきた。また、胃がん、胃ポリープ、慢性胃炎などの病気とピロリ菌との関連も取りざたされている。

ピロリ菌感染の診断方法とは?

 ピロリ菌感染の有無の診断方法は、大きく分けて、内視鏡検査の時に胃の組織を採取(生検)して診断する方法と、これを必要としない診断方法とに分類される。前者の診断方法としては、顕微鏡でピロリ菌を確認する方法や、培養(少々時間がかかるものの診断が確実)といって、菌を繁殖させて検出する方法などの他に、迅速ウレアーゼ試験(ピロリ菌のもつウレアーゼという酵素により検出する方法)がある。後者の診断方法としては、尿素呼気試験、血液、尿、唾液などのピロリ菌の抗体を調べる方法などがある。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波