心臓/血管

心筋梗塞

監修:札幌中央病院内科グループどんな病気 心筋梗塞とは、冠動脈(心臓の壁に分布する動脈)の動脈硬化が進行して血栓(血のかたまり)によって冠動脈の内側が閉塞し、閉塞部位より先の心筋に血液が流れなくなり、心筋細胞が死んでしまう状態(壊死)のことをいいます。 最近では、冠動…続きを読む

心筋梗塞

心筋疾患

心筋疾患

動脈瘤

動脈瘤

心不全

心不全

心臓弁膜症

監修:札幌中央病院内科グループどんな病気 心臓は心筋と呼ばれる特殊な筋肉でできていて、握りこぶしくらいの大きさで成人の重さは200〜300gです。4つの部屋に分かれており、左右の心房とその間の心房中隔、左右の心室とその間の心室中隔となっています。左房と左室の間の2枚の弁を…続きを読む

心臓弁膜症

心臓神経症

心臓神経症

狭心症

狭心症

静脈瘤

静脈瘤

高血圧症

高血圧症

動脈硬化症

動脈硬化症
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真