【病気の知識】

心臓神経症

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監修:札幌中央病院内科グループ

どんな病気

 動悸、息切れ、胸痛、発汗、振るえなどの症状を訴えるものの、心臓・血管系の器官に疾患がないものを「心臓神経症」と呼びます。不整脈や高血圧、甲状腺機能亢進症などの疾患は含まれません。症状の出現に自律神経系が関与していることが特徴です。

どんな症状

 自律神経系のコントロールがうまくいかないときの症状で、自覚症状としては動悸、息切れ、胸痛、心臓がおどる、ドンドンとする、意識が遠くなる(失神様)、発汗、手足の振るえなどを訴えることが多い病気です。

どんな診断・検査

 自律神経的不安を訴えることが多いので、問診、血圧、脈拍、心臓の聴診所見、心電図所見などにより、緊急を要する疾患かどうかの判定を行います。とくに次の諸検査に異常がなく、心臓・血管系の疾患がないと証明されることが大事です。

○心電図検査
 心電図とは、心臓が拍動しているときの心筋(心臓を形成している筋肉)の微量電気を、経時的な変化として、両手両足(肢誘導)と胸部の6ヵ所(胸部誘導)よりとらえ記録したものです。心電図所見より、各種の心疾患、心房負荷、心室の肥大、不整脈の診断が可能です。これら所見が正常なことが、心臓神経症の証明の1つになります。

○負荷心電図検査
 2段の階段の上下歩行、トレッドミルと呼ばれるベルトコンベア上での歩行負荷、エルゴメータとよばれる自転車こぎの負荷検査などにより、虚血性心疾患のないことを証明します。

○ホルター心電図検査
 24時間ないしはそれ以上の時間にわたり、心電図を連続して記録する検査のことで、不整脈の診断や虚血性心疾患の診断にきわめて有効な手段です。この検査結果も正常であることが必要です。

○胸部エックス線検査など
 心臓の拡大や、肺の状態に異常のないことを証明します。

 また、血圧・脈拍などの循環状態、心臓の超音波検査で異常がないかどうかを調べます。

どんな治療法

○内科的治療
 心血管系、呼吸器系、消化器系などの器官に異常(疾患)がないことが明らかにされたうえで心身医学的治療が開始されます。

●不安緊張型:心臓病などに対する不安や死んでしまうのではないかという恐怖を伴うことが多く、動悸、息切れ、めまいの訴えが主です。薬は抗不安薬が使用されます。
●抑うつ型:体の状態に何かしら不安を持っていて、倦怠感、意欲の低下、何か病気があるのではという不安を持って来院することが多い心臓神経症です。薬は抗うつ薬が使用されます。
●その他:ヒステリー、神経症などがあり、精神神経科とオーバーラップすることが多い心臓神経症です。

どんな予防法

 個人の性格や生活環境、人間関係のなかで起こる欲求不満や葛藤などによる心身に対する影響によって発症するので、日常生活のなかで、社会的、家庭的、人間関係的なストレスに対するきちんとした管理が必要となります。
十分な睡眠、余暇、趣味、運動などが予防につながります。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真