40代女性に「前髪アリ」が人気な理由とは? 大人の女性がもっと可愛くなるヘアデザイン

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ozawa1.jpg

担当・CHINATSUさん(MAGNOLiA)

 前髪をつくろうかなぁ――最近、美容師にこんな相談をする40代の女性増えているそうです。なぜ、40代に入って、前髪をつくりたくなるのか? それには40代ならではの理由があります。

①額のシワを隠したい 
 おでこの横ジワは疲れた印象を与えるので、隠したい気持ちになります。そこで、前髪ありのヘアスタイルでさりげなくカバーしたいと考える女性が増加します。

②目元の印象が弱くなり、額を見せるとより地味に  
 歳を重ねると、どうしてもまぶたが下がります。まつ毛や眉毛も20代のようなハリ感や量をキープできず、目元は寂しい印象になりがち。額を出したヘアスタイルは顔の上半分が間延びして見えるので、それを隠したい心理が生まれます。

③髪の量感が減り、全体がペタッと張り付いた印象に 
 生え際やフロント、トップの毛髪が細くなり、厚みがなくなり始める40代。長い前髪だと、ペタンと張り付いた印象になるケースも多いため、ふんわり感を求めて「前髪をカットしようか、どうしようか」と悩む人が増えます。

 以上が、前髪をつくりたくなる年代の主な理由です。とはいえ、イメチェンは勇気がいるもの。そこで、前髪アリのヘアスタイルが大人世代にマッチするコツを紹介します。

大人世代にマッチする前髪デザインとは?

 「大人の前髪作りにはコツがあります」と言うのは、40代の顧客を多く持ち、メディアでも活躍する MAGNOLiAのスタイリスト、CHINATSUさん。

 「エイジングの悩みありきの場合、悩みをカバーしながらおしゃれ感を演出するデザインがおすすめです。額を隠すために、パツンと厚めの前髪で覆うと、そこだけ動きがなくアンバランス。パッツンにせず、長さは上まぶたのギリギリぐらいに設定し、やや丸みや空気感のあるJカール風にブローすると、どなたでも快活で多幸感あふれる印象になれます」 

「眉頭と眉頭の間にかかる前髪は、他より毛量を削って透け感を出せば、見た目もすっきりします。この部分に光が集まりやすくなるので、肌のトーンをアップしてみせる効果も。俗にいうシースルーバングです。顔全体に透明感を演出できます」 

ozawa3.jpg

担当・CHINATSUさん(MAGNOLiA) 額全部を前髪で覆うのではなく、どこかに隙間を与えることで透明感や軽やかさが表現できる。

トップやフロントの毛量も気になるなら、ショートスタイルでふんわりと

 髪が細くなり、トップ周辺の厚みが減ったと感じる場合は、前髪をつくるだけでなく、思い切ってショートスタイルにすると華やかさが復活するとCHINATSUさんは言います。

「トップやフロントの髪に長さがあると、重みによってもペタンとします。張り付いたように見えるのがイヤ、と悩む方もいます。短くカットすることで、根元がフワッと立ち上がりやすくなり、トップ、フロント、前髪が自然と重なり合い、美しいボリューム感を演出できます」 

ozawa4.jpg

担当・CHINATSUさん(MAGNOLiA) 長めバングなら、ショートでもフェミニンな印象。トップやフロントの髪が重なることでこめかみ周辺の細毛もカバーできるので、より華やかに!

ozawa5.jpg

担当・CHINATSUさん(MAGNOLiA) トップ、フロント、前髪の全てが自然なボリュームを演出。ショートならこれぐらい短めバングでもバランスが整って快活に。もっと長さを出せば色気のある印象にも。

 また、ショートやボブスタイルは、頬のたるみや輪郭のゆるみを視覚効果でキュキュッと引き上げてくれるので、40代以降の女性におすすめ。ここでもポイントは前髪。まぶたギリギリの長め前髪を組みあわせることで、より艶のある印象になります。

「切りそろえた前髪は個性が強くて万人向けではありませんが、額の中心からこめかみにかけて徐々に長くなる八の字型の前髪は、顔回りにほどよい厚みやふんわり感が出るので、華やかで若々しい印象をつくります。40代は扱いやすい人気のデザインです」 

 40代から前髪ありにスイッチするなら、全体のシルエットをふんわりさせるのが成功の近道。ショートスタイルもおすすめですが、ミディアムやロングの場合、レイヤーをほどよく入れたりパーマでカール感を与えたり、透け感のあるブラウンや少し赤みを感じるピンク系を混ぜたカラーにすると、全体の印象が軽やかになって華やいで見えます。

 20代と40代では、前髪ひとつとっても、求めるもの、悩み、髪質が全く異なります。カウンセリングに時間をかけて、大人世代の髪の特性を理解したサロンやスタイリストを探すことも大切ですね。
(取材・文=小澤佐知子)

ozawa2.jpg

CHINATSUさん

CHINATSUさん・MAGNOLiAスタイリスト
30代以上の髪に悩みのある大人世代が足繁く通うヘアサロン「MAGNOLiA」。パーマスタイルに定評があり、オーナーをはじめ、数多くのスタイリストが国内外でセミナー講師を行う。中でもCHINATSUさんは、顧客の7割以上が40代以降の女性。個々の髪の悩みを上手に解決しながら、ハイセンスなおしゃれ感をほどよく取り入れたヘアデザインが好評。

小澤佐知子
美容ライター。小学館や学研で外部編集者を経験した後、出産を機にフリーランスに転身。以後、美容ライターとして計50誌以上で取材・執筆を行う。
現在はヘアケア・ヘアデザインなど「髪」に関する記事の企画・構成・取材を中心に活動。雑誌や書籍以外にWebサイトでコラムやインタビューの連載を持つ。東京都内のヘアサロンの「ビジュアル監修アドバイザー」として非常勤役員も務める。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波