「串カツ田中」が全面禁煙成功で、ジャズ喫茶やパチスロ店まで追随し始めた

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ喫茶やパチスロ店でも禁煙店

 東京五輪/パラリンピックの直前である2020年4月に施行される「受動喫煙法」を視野に、日本の飲食店業界の「喫煙/分煙/禁煙」勢力図がどのように塗り替えられていくのかも、大いに注目されるところだ。

「串カツ田中」の英断と成功例に伴走したかのような全面禁煙化の流れは、《タバコと相性が濃い》が濃い印象の分野でもじわじわと浸透中のよう。

 その一例として、東京・吉祥寺の老舗ジャズ喫茶『メグ』は、店主交代にともない「全面禁煙店」に大きく舵を切った。

 マーケティング会社経営の新店主に引き継がれ、今年4月に新装営業を始めた『音吉!MEG』が大きく謳うのは、「全面禁煙」だ。

 ジャズと珈琲と喫煙――ジャズ喫茶の愛好家には、この3点はピアノ・トリオのごとく定番セットだろう。全面禁煙となれば、他店へと移動する常連客がいても不思議はない。そのリスクを踏まえての決断となる。

 一方で、タバコとの相性度や紫煙量で突出するのがパチスロ店。ところが、そんな業界の中でも、法律の全面施行にいち早く取り組んだ企業がある。

 その話題の店舗は、株式会社プレジャーが経営する「健康パチンコ(R)WESTEND」。《受動喫煙ゼロ宣言》を謳う同店では今年9月1日より、従来は喫煙できたスロットフロアも全席禁煙に踏み切った。店内に2カ所の喫煙ブースと喫煙ルーム1室を完備し、喫煙者/非喫煙者の双方に快適な遊戯空間を提供している。

 またネット上でも、金沢市が受動喫煙防止のために、「禁煙店舗認証制度 認証店一覧」という専用サイトを設けたり、屋内完全禁煙の美味しい飲食店を応援する登録サイト「Quemlin(ケムラン)」が注目されたりしている。今や世の中全体が、「無煙」傾向にあることは間違いないようだ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇