「マッサージチェアのパイオニア『フジ医療器』の開発秘話」前編

世界初「マッサージチェア」の量産化に成功した「フジ医療器」の開発秘話に迫る!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「銭湯でもっとくつろいでもらう方法はないか?」

 営業のために銭湯に足繁く通っていた藤本氏は、銭湯のサービスを観察しながら、「銭湯でもっとくつろいでもらう方法はないか?」と考えるようになった。これがマッサージチェアに着眼したきっかけとなった。その後、第1号機を完成させ、自ら作り上げたマッサージチェアをリアカーに乗せ銭湯の煙突を目印に大阪中に営業して回った。

 第1号機はハンドルを回すと、揉み玉が上下して動く「揉み」の機能だけを搭載したシンプルなものだったという。その後、「叩き」に特化したチェアも開発。改良を重ねに重ね、1970年代に「揉み」と「叩き」を一台でこなせるマッサージチェアを遂に完成させた。

世界初「マッサージチェア」の量産化に成功した「フジ医療器」の開発秘話に迫る!の画像3

フラグシップモデル「Cyber-Relax」

 これがターニングポイントになり、さらに製品開発を押し進める。業務用から家庭用マッサージチェアが普及し始める1970年代には、シェアをさらに伸ばして拡充期を迎え、業界内でのポジションを確固たるものにしていく。

 1990年代に入ると、さらにターニングポイントとなる商品を開発。業界初のエアーバッグのみを使ったマッサージチェア「エアーチェア」が脚光を浴びる。「揉む」「叩く」ではなく、全身を空気圧を使ったエアーバッグでマッサージし、これにより下半身(もも・脚)へのマッサージも可能にした。

 2000年代にはデジタル化の波が進んだが、フラグシップモデル「Cyber-Relax」を販売。人気商品を次々に発表し、2007年にはマッサージチェア市場で初のシェアNO.1の座にのぼりつめた。

マッサージチェアの今後の展望

 「揉む」「叩く」ではじまったマッサージチェアの進化はすさまじく、現在はストレッチ機能も搭載。マッサージできる部位も増え、首から足裏まで様々なマッサージを行うことができるようになっている。

 用途も業務用から家庭用にシフトし、1:9の割合で家庭用のマッサージチェアのシェアが高くなっている。家庭用の購買層は50代以上が多く、比率的には60代の所有者が圧倒的な割合を占めるという。健康への意識が最も高い世代層にマッサージチェアは愛用されているのだ。

 では、マッサージチェアには、具体的にどのような健康効果があるのだろう?

 医療機器認定で認めれている商品に関しては「疲労回復」「血行促進」などの効能効果を明記することが可能だが、薬機法ほか法律による規制の厳しさもあり「公にこれ以上の効果に言及することはできない」のだという。

 「ストレスに効果があると言いたくても、言えない。むくみを改善もダメ。疲れを取るものとしか言えない現状があるんです」と大出氏はこの問題についてため息をもらす。

 「規則があるからこそ、変なマッサージチェアが出てこないというのももちろんあるんですけど……」と前置きしつつ、医療機器としてマッサージチェアをより進化させていく過程で、法律のハードルがあまりに高く、「疲労回復」「血行促進」などの効能効果以外の表現を明記したくてもできない現状を嘆く。

 「テクノロジーの進化もあり、マッサージチェアに座るだけで様々な生体情報が取れるようになった時代。健康管理の一台として、マッサージチェアが今以上に活用されるようになればいいなと思っています」と今後の展望についても語ってくれた。

 次回は、最新のマッサージチェアを生み出す中での様々な工夫についてご紹介する。
(取材・文:名鹿祥史)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆