吉岡里帆&田中圭、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』で迫る生活保護の現実

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉岡里帆&田中圭、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』で迫る生活保護の現実の画像1

新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』のテーマは「生活保護」(画像は番組公式HPより)

 7月17日、新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系)でスタートする。

 このドラマ、通称「ケンカツ」のテーマは生活保護制度。ネット上では「生ポ(ナマポ)」などと、何かとバッシングの対象だ。

 ところが、この制度こそ、憲法第二十五条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という条文をもとにした、お金を得る術がなくなった国民が生きていくための、最後のセーフティーネットに他ならない。

貧困の現実がまったく見えていない大物政治家?

 この「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」のことは「生存権」とも言われる。この生存権に基づく国の責務を定めたのが、続く第二十五条の第二項。その条文は次のようなものだ。

 「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」

 収入が国の定める一定基準に達しない人々に対して、その不足分を支給して生活を保護する制度である公的扶助、いわゆる生活保護も、この考えに基づき設計されている制度だ。

 先日、自民党の二階俊博幹事長は「子どもを産まないほうが幸せに送れるんじゃないか、とか勝手なことを考えている人がいる」と発言。さらに「今晩、飯を炊くのにお米が用意できない、という家は日本中にはないんですよ」とも主張し、批判を巻き起こした。

 果たして二階氏の発言は、貧困層の現実が見えているだろうか? 家賃・電気・水・ガス・健康保険・年金・携帯電話代……さまざまな支払いの後、米を買うのさえままならない、そんな低所得の家庭があるのは想像に難くない。

 そういう家庭を助けるための生活保護制度だが、わが国では、生活保護を利用する資格がある人のうち、実際に利用している人の割合を著す捕捉率は22.9%しかないという厚労省のデータもある。その生活保護も、徐々に支給額が削られてきているのが現実だ。

 もちろん、実際には収入があるのに、それを隠して生活保護を受給している、不正受給は問題である。だが、そんな不適切な受給者よりも、生きるための最後のよすがをこの制度に頼っている人が多くいる。

 働けるのに働かない怠け者だ――と糾弾するのはたやすい。貧困がいかに人間から気力を奪っていくか、一度レールから外れた人が再び仕事に就くことがどれほど困難か、そんな思いを巡らすことも、我々には必要ではないだろうか。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆