桂歌丸さん「タバコ病」と呼ばれるCOPDで死去~さまざまな業界に広がる禁煙化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

串カツ田中・サイゼリア・ココス・モスバーガー……次々と広がる禁煙化

 たとえば、現代のドラマでは引っ越しトラックのなかで、タバコを燻らせている登場人物の設定などは皆無だろう。

 現実のレンタカー業界でも、タイムズカーレンタル社が全国展開する「タイムズモビリティネットワークス」が今秋10月から、(これまでの乗用車の9割を禁煙方針から)軽トラックも含む約3万台のレンタカー総てを禁煙車に踏み切る。

 なにかと注目の飲食業界はどうか? 「串カツ田中」が6月1日からほぼ全店舗の全面禁煙化を実施。近未来の全面禁煙化を目指す例では、ファミレス「ココス」が来年9月末、ハンバーガーチェーン「モスバーガー」が20年3月までの目標を表明。

 6月21日から段階的な全面禁煙化(全国のショッピングセンター内275店舗や京都府内の21席を全席禁煙に)を始めるのが、イタリアンレストランを運営する「サイゼリア」だ。同社は今後も、残り777店舗の全面禁煙化を来年9月までに広げる計画だ。

唖然! 自民党議員が参考人のがん患者に恫喝的なヤジ

 これらチェーン店の取り組み事例を聞くと、つい連鎖的に思い出すのが、いまだに腹立たしくも記憶に新しい衆議院議員・穴見陽一氏のがん患者にへの恫喝的なヤジである。

 ファミレス・チェーン「ジョイフル」の御曹司でもあられる、この議員センセがあろうことか、「衆議院厚生労働委員会」に参考人として招かれ、喫煙・受動喫煙の害を述べていたがん患者に、「いい加減にしろ!」と言い放ったのだ。

 自民党議員である愛煙家・穴見議員によれば、発言の意図は「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという想いで呟いたもの」。真に悪いのは参考人で、参考人が愛煙家を差別する差別主義者である――という唖然とする理屈だ。

 こういう時代錯誤、認識不足な議員が、本当に「受動喫煙のない社会」をつくれるのだろうか? それこそ、勘違い議員が霧散でもしない限り、2008年・北京五輪から実現されてきた「スモークフリー五輪」は、2020年・東京大会を機に途切れかねない。

 百歩譲って、穴見議員が確固たる信念をもつならば、「いい加減にしろ」発言の趣旨を貫き、それを世に問えばいい。ところが、批判が殺到すると、失言政治家にお決まりの「不快な思いを与えたとすれば」と、あっさりと白旗を掲げた。

 何の信念も感じられない穴見議員の無反省ぶりは、ひょっとして、委員会中に「ヤニ切れ」でも起こして錯乱したか……と疑いたくなるほど底が浅い。

 しかも、穴見議員は「公益法人大分がん研究振興財団」の理事を2007年の発足当初から務めていた立場にあった。騒動の翌日、問題の責任を取る形で同財団の理事を辞任。このようなお粗末議員はレアケースだと思いたいが、この国の受動喫煙対策の行方が不安になる。

 「タバコ病」を招いた生活習慣を悔いた歌丸さんは、平成の閉幕を前に逝去されたが、次の元号期が「紙タバコの減衰/加熱式タバコの隆盛」という市場盛衰史を刻むのは必至だ。

 次世代の加熱式愛好家である落語家が、その吸引歴から病に倒れたら、その時の通称はいったい「ナニナニ病」と呼ばれるのやら。昭和の灯がまた一つ消えて星となられ、どうやらおあとがよろしいようで。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真