FANTASTICS・中尾翔太さん、22歳で亡くなる~死因は「スキルス胃がん」か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人が保有するピロリ菌は発がん性が高い

 胃がんの発症には、「ピロリ菌」の感染が大きく関与している。WHO(世界保健機関)は、世界の胃がん患者の80%でピロリ菌が陽性だと推計している。日本人に限っていえば、胃がん患者のほぼ99%がピロリ菌陽性とされる。

 実は日本人は、先進国の中ではピロリ菌の保有率が高い。ピロリ菌の主な感染ルートは「水」とされ、上下水道の整備が行き届いていなかった時代の感染が多かった。

 50代以上の日本人の感染率は約50%。水道が整った40代より若い世代では感染率は低くなり、20代では10%、10代では2%まで低下している。

 もう一つ、我々がピロリ菌に気をつけるべき理由がある。同じピロリ菌でも、欧米人と比べ日本人の保有するピロリ菌は、発がん性が高いことがわかってきた。

 ピロリ菌は胃粘膜にすみつく病原細菌で、胃潰瘍や萎縮性胃炎を引き起こす。加えて、近年の研究から、ピロリ菌が作り出す「CagA」と呼ばれるタンパク質が胃細胞に侵入し、「SHP2」という酵素と結びついて、この酵素が異常に活性化し、細胞のがん化を促進することが判明した。

 そして、日本人の胃にいるピロリ菌は、欧米型ピロリ菌と比べて、タンパク質CagAが酵素SHP2と結びつきやすい構造をしていることが判明している。

 だからこそ、日本人はピロリ菌を除菌し、胃がん発症のリスクを低下させるべきだと、専門家は口を揃えて言う。ピロリ菌の除去によって、胃がんの発症リスクは3分の1から3分の2程度に減らせると言われている。

ピロリ菌検査は10代から受けるべき

 胃がん検診は現在50歳以上に推奨されているが、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査は10代から行ったほうがよいという考え方も出てきている。

 実際に、佐賀県は全国に先駆けて、2016年から中学3年生を対象にしたピロリ菌感染の検査を実施した。その結果、検査を受けた6953人中、約3.5%にあたる247人が陽性だったことが判明した。陽性が判明した生徒の多くは、除菌治療を受けたという。

 今後、こうした取り組みが広がることによって、若くして胃がんで亡くなるという悲劇がなくなることを期待したい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真