特集「いま注目される健康成分『ノビレチン』」第1回

シークヮーサーに注目の成分「ノビレチン」~排尿や肝機能、糖・脂質代謝などが改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インスリン抵抗性を下げて糖尿病を改善

 禹教授はノビレチンの作用について、さまざまな研究を行っている。最初に注目したのは、動物における糖尿病の改善作用。ノビレチンに血糖値を下げる効果があることは以前から知られていたが、その仕組みは不明だった。禹教授らはそれを解明したのだ。

 「糖尿病のモデルマウスを使った実験で、ノビレチンの投与によって、血糖値が3分の1ほど下がることを確認しました。そして、マウスの脂肪細胞や筋肉、肝臓などを調べた結果、脂肪組織ではインスリンの働きを阻害する因子の活性が下がり、逆にインスリンの感受性を高めるホルモンのアディポネクチンの量が大きく増えることを発見しました」

 ほかにも、細胞が糖を取り込むときに細胞膜で働くタンパク質が増加したり、肝臓で糖を作り出す酵素の遺伝子の活動量が低下したりすることが判明したという。

 こうしたさまざまな作用により、ノビレチンは動物における血糖値を下げることが明らかになった。後に米国研究グループによって、ヒトの試験でも、血糖値低下作用が認められている。

 そのほかにも禹教授の研究で、ノビレチンにメラニン色素の生成を抑制する(いわゆる美白効果)、シークヮーサー由来のノビレチンとタンゲレチン(フラボノイドの一種)が「かゆみ」を抑制するなどの効果も明らかになったという。

 また、ノビレチンの効果として、脳に及ぼす作用も注目だ。大泉康氏(東北大学名誉教授、東北福祉大学特任教授)らの研究では、ノビレチンの投与で記憶障害マウス(認知症のモデル)の記憶機能が改善した。

 認知症の中で最も多いとされるアルツハイマー病は「アミロイドβ」というタンパク質の脳への沈着が原因とされるが、ノビレチンにはアミロイドβの沈着を減らすという。また、すでに記憶障害が進行している場合も、改善させる働きがあると示唆されている。

 さらに最近の研究では、「排尿障害の改善」や「体内時計の調節」といったユニークな作用も報告されている。次回以降、そうした最新研究について紹介しよう。
(取材・文=山本太郎)


UZETE.jpg

禹済泰(ウ・ゼテ)
中部大学応用生物学部教授(琉球大学客員教授も兼任)、株式会社沖縄リサーチセンター代表取締役社長。1992年、東京農工大学・博士(農学)、2009年、東京医科大学(医学博士)、東京工業大学生命理工学部助手、米国ノースウェスタン大学医学部客員助教授を経て現職。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆