検証される1万5000人以上に強制した不妊手術~裁判で「優生保護法」の違憲性を問う

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国は、あくまでも争う姿勢

 国の権力により、本人の意志を無視して「子どもを作るべきではない」と判断し、強制的に不妊手術を受けさせるなどという行為は、人道的に決して許されない。

 だが、現在、仙台地裁で争われている訴訟では、国は「当時は合法だった」と、あくまでも争う姿勢だそうだ。

 ハンセン病の強制隔離政策に対する国家賠償訴訟では、2001年に国の責任が全面的に認められた。この強制不妊手術の問題は、それと比類する誤った国家政策であり、司法の正当な判断がいま求められていると言えよう。

 今回の訴訟を受けて、自民・公明の両党のワーキングチームは、議員立法による救済法案を、2019年の通常国会に提出することを検討しているという。

 強制不妊手術を受けさせられた人の多くは、現在すでに高齢であり、子供を持つことが叶わなかったという人生を、もう一度やり直すことはできない。

 しかし、いや、だからこそ、国が犯した重大な過ちを、国の責任によって検証し、省みるべき時が来ているのではないだろうか。
(文=編集部)

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆