検証される1万5000人以上に強制した不妊手術~裁判で「優生保護法」の違憲性を問う

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国は、あくまでも争う姿勢

 国の権力により、本人の意志を無視して「子どもを作るべきではない」と判断し、強制的に不妊手術を受けさせるなどという行為は、人道的に決して許されない。

 だが、現在、仙台地裁で争われている訴訟では、国は「当時は合法だった」と、あくまでも争う姿勢だそうだ。

 ハンセン病の強制隔離政策に対する国家賠償訴訟では、2001年に国の責任が全面的に認められた。この強制不妊手術の問題は、それと比類する誤った国家政策であり、司法の正当な判断がいま求められていると言えよう。

 今回の訴訟を受けて、自民・公明の両党のワーキングチームは、議員立法による救済法案を、2019年の通常国会に提出することを検討しているという。

 強制不妊手術を受けさせられた人の多くは、現在すでに高齢であり、子供を持つことが叶わなかったという人生を、もう一度やり直すことはできない。

 しかし、いや、だからこそ、国が犯した重大な過ちを、国の責任によって検証し、省みるべき時が来ているのではないだろうか。
(文=編集部)

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真