インタビュー「内村航平選手を影で支える名トレーナー」今井聖晃(体操競技全日本トレーナー)

体操・内村航平選手を支えてきた凄腕トレーナーが教える健康法と疲労回復のコツ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今井トレーナーが推奨する健康法〜「歩く」ことは健康の基本

 かつて今井トレーナーは、プロアスリートではなく一般の人を対象に、針灸マッサージを行なっていた時期がある。「1日に60人とか見ていたんです。結構な田舎で、農家の年配の人が多かった」とのこと。その時に「歩くこと」の重要さに気がついたという。

 「農家のお婆さんには、膝や腰が曲がっている人が多かったんですけど、その中で背筋がピンと伸びていて関節も曲がっていない人がいる。『この違いは何だろう?』と思って調べていくと、『がに股になって膝や腰が曲がっていく人は、あまり歩かない』ってことに気がついたんです。ピンと伸びている人は、よく歩いているんです。歩くことはすごく大切。健康の基本だと思います」

 歩かないと体の筋肉も落ちる。栄養も取れなくなる。それで最後は寝たきりになる。

 「歩くのが一番大切なんです。簡単そうで、実は一番難しいことかもしれません。1日45分歩くだけで全然違ってくると思います。45分を越えると疲労を起こすといいますから、その手前くらいが1日に歩く時間としては一番いいでしょうね」

疲労回復には「風呂に入って寝る」が一番!

 また疲労回復には「風呂に入って寝るのが一番いい」という。

 「選手たちは『シャワーだけでなく、お湯をためて入りたい』と言いますから、そのほうが疲れが取れるんでしょう。ちょっとでも水圧をかけてあげたほうが、身体にはいいんだと思います。温度も大切で、45度を超えると交感神経が働いてしまう。通常は40度、寒いときは43度くらい」

体操・内村航平選手を支えてきた凄腕トレーナーが教える健康法と疲労回復のコツの画像2

疲労回復に有効な「肩の体操」

 データ的には36度くらいがいいという結果も出ているというが、「それだとさすがに寒いので、逆にストレスになってしまう可能性があります。ぴりぴりする熱さのお湯じゃなければいいと思います」という。

 最後に一般の人も簡単にできる疲労回復に有効な「肩の体操」を教えてもらった。

 「大事なのは肩甲骨を動かすこと。指先が肩の位置に付くようにして、肘を肩よりも下げないように注意しながら、円を書くようにして肩を回すんです」

 肩を動かすことは肩甲骨を動かすということ。これを1日何回かやるだけでいい。疲労回復だけでなく、ケガの予防にもなるという。
(取材・文=名鹿祥史)

PR:体操・内村航平さんを支える今井聖晃トレーナーも愛用! リカバリーウェア&クロスの効用とは

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆