本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言! ~第1回

ドラマ『アンナチュラル』で石原さとみは女医検視官の新境地を開くことができるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり気になる石原さとみの恋の行方

 そしてそして『アンナチュラル』。『body of proof』になんとなく似ていましたね~。
その道のプロたちが一つの事件を歯切れよく解いていくスピード感は良かった。

 今までの検視官とは違って、まだベテランの域には入らない科学大好きな若い法医学専門のjoy。食べられるときにがっつり食べる。読みも外れるけれど、同僚とあれこれしゃべりながら自分の頭の整理をしていく感じが女の子っぽくて良い!確固たる知識でクリアカットに問題を解決していくさまは見ていて気持ちよかったですね。

 そういう意味では中堂系役の井浦新が演じる検視官は、これまでの検視官のイメージを踏襲しているのかもしれませんね。だからこそ石原さとみさんが際立ってきますね。

 そして、ルールを曲げてでも正義を貫くことのできる同僚、恋の予感……?

 同時に今回、劇中のMERS(中東呼吸器症候群)の問題は新型インフルエンザの時のような日本の対応の悪さ?も描写。大学病院の隠蔽?などふか~い問題が提示されましたね~。

 医療ドラマには無縁ではない大学病院の黒い感じはいつの時代も話題性があるのでしょうか。そしてやはり今回もjoyの仕事と私生活の両立は課題のようですね。joyにとっての結婚は事件解決よりも難関かもしれません。

≪医療突っ込みをしてみた!!≫
①急性呼吸ひっ迫?→急性呼吸窮迫(きゅうせいこきゅうきゅうはく ARDS)の間違いでは?
②肺がカチカチで急性肺炎はあり得ないな~……。
③7k=きつい 汚い くさい 危険 あとは……? 7つは言ってくれなかったあ~。


new_inoue002.jpg

井上留美子(いのうえ・るみこ)
松浦整形外科院長
東京生まれの東京育ち。医科大学卒業・研修後、整形外科学教室入局。長男出産をきっかけに父のクリニックの院長となる。自他共に認める医療ドラマフリーク。日本整形外科学会整形外科認定医、リハビリ認定医、リウマチ認定医、スポーツ認定医。
自分の健康法は笑うこと。現在、予防医学としてのヨガに着目し、ヨガインストラクターに整形外科理論などを教えている。シニアヨガプログラムも作成し、自身のクリニックと都内整形外科クリニックでヨガ教室を開いてい。現在は二人の子育てをしながら時間を見つけては医療ドラマウォッチャーに変身し、joynet(ジョイネット)などでも多彩なコラムを執筆する。

シリーズ「本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言!」 バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波