糖質制限中でもOKな人気外食メニューは? 医師が食後血糖値を大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンビニおでん」での糖質制限のカギは「出汁」

 亀ドクは「ファミリーマート」で選んで血糖値を計測したおでんの具材は、次の10品。

①大根(炭水化物量):1.3g
②卵(炭水化物量):0.5g
③こんにゃく(炭水化物量):2.1g
④白滝(炭水化物量):2.9g
⑤がんも(炭水化物量):6.0g
⑥だし巻き玉子(炭水化物量):5.9g
⑦肉いなり(炭水化物量):3.1g
⑧牛すじ(炭水化物量):0.1g
⑨鶏つくね(炭水化物量):5.0g
⑩しゅうまい巻き…炭水化物量):6.8g

 その結果、血糖値は次のように変化した。

食前:108mg/dl
食後15分:101mg/dl
食後30分:112mg/dl
食後45分:142mg/dl
食後60分:127mg/dl
食後90分:116mg/dl

 ちなみに、おでんの出汁(だし)400mlを飲んだときは、次のように変化している。

食前:87mg/dl
食後15分:115mg/dl
食後30分:110mg/dl
食後45分:119mg/dl
食後60分:109mg/dl
食後90分:97mg/dl

 この実験から亀ドクは、コンビニのおでんを食べるときの基準を、「出汁は飲まない」「出汁が染み込みにくい食材を選ぶ」「低糖質の食材を選ぶ」よう提示している。

 亀ドクは他のコンビニおでんでや、牛丼屋、回転ずし、ハンバーガーショップなどで、モリモリ食事をしながら実験を行っている。詳しくは、亀ドクがFacebookで紹介している「血糖値が上がらないお店、メニュー」を参照してほしい。

 これからも亀ドクの食べっぷりに熱い視線が集まることは、間違いない。
(文=編集部)

糖質制限中でもOKな外食メニューは? 医師が実験台に食後「血糖値」を測定の画像2

亀川寛大(かめかわ・かんだい)
なごみクリニック(熊本市)院長。1972年、鹿児島生まれ、熊本育ちの九州男児。97年、宮崎医科大学(現 宮崎大学)医学部を卒業後、熊本大学、宮崎大学付属病院で消化器外科を専攻、鹿児島市医師会病院を経て、2003年、医療法人悠隆会(宮崎県延岡市)に勤務。17年6月より現職。糖質制限指導、間欠的ファスティング指導を行うほか、熊本を中心に全国各地で糖質制限セミナーを実施している。
●WEBサイト:https://toshitsuseigen.biz/category/kamedoku/
●問合せはこちら e-mail:toukasonjyuku@gmail.com

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志