糖質制限中でもOKな人気外食メニューは? 医師が食後血糖値を大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンビニおでん」での糖質制限のカギは「出汁」

 亀ドクは「ファミリーマート」で選んで血糖値を計測したおでんの具材は、次の10品。

①大根(炭水化物量):1.3g
②卵(炭水化物量):0.5g
③こんにゃく(炭水化物量):2.1g
④白滝(炭水化物量):2.9g
⑤がんも(炭水化物量):6.0g
⑥だし巻き玉子(炭水化物量):5.9g
⑦肉いなり(炭水化物量):3.1g
⑧牛すじ(炭水化物量):0.1g
⑨鶏つくね(炭水化物量):5.0g
⑩しゅうまい巻き…炭水化物量):6.8g

 その結果、血糖値は次のように変化した。

食前:108mg/dl
食後15分:101mg/dl
食後30分:112mg/dl
食後45分:142mg/dl
食後60分:127mg/dl
食後90分:116mg/dl

 ちなみに、おでんの出汁(だし)400mlを飲んだときは、次のように変化している。

食前:87mg/dl
食後15分:115mg/dl
食後30分:110mg/dl
食後45分:119mg/dl
食後60分:109mg/dl
食後90分:97mg/dl

 この実験から亀ドクは、コンビニのおでんを食べるときの基準を、「出汁は飲まない」「出汁が染み込みにくい食材を選ぶ」「低糖質の食材を選ぶ」よう提示している。

 亀ドクは他のコンビニおでんでや、牛丼屋、回転ずし、ハンバーガーショップなどで、モリモリ食事をしながら実験を行っている。詳しくは、亀ドクがFacebookで紹介している「血糖値が上がらないお店、メニュー」を参照してほしい。

 これからも亀ドクの食べっぷりに熱い視線が集まることは、間違いない。
(文=編集部)

sphotouchikura_121.JPG

亀川寛大(かめかわ・かんだい)
なごみクリニック(熊本市)院長。1972年、鹿児島生まれ、熊本育ちの九州男児。97年、宮崎医科大学(現 宮崎大学)医学部を卒業後、熊本大学、宮崎大学付属病院で消化器外科を専攻、鹿児島市医師会病院を経て、2003年、医療法人悠隆会(宮崎県延岡市)に勤務。17年6月より現職。糖質制限指導、間欠的ファスティング指導を行うほか、熊本を中心に全国各地で糖質制限セミナーを実施している。
●『亀ドク』亀川寛大 糖質off-icialサイト http://toshitsuseigen.biz/
●問合せはこちら e-mail:toukasonjyuku@gmail.com

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆