効果的にやせたければ朝食前に運動を~「炭水化物」の不足状態が「脂肪」を燃やす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<このタイミング>がより多く脂肪を燃焼

 私たちが規則正しく3度の食事と睡眠を取っていれば、朝食の前が1日のうちで最もエネルギーが枯渇した状態となる。夜7時に夕食を食べて翌朝の6時30分から運動をすれば、11時間以上何も食べない状態でエネルギーを消費しなければならない。

 そのように、体内で炭水化物の不足状態を作り出すタイミングで運動をすることで、より多くの脂肪が分解されてエネルギーとして利用されるわけだ。つまり同じエネルギー消費量の運動であっても、昼や夜に行うより朝一番の空腹時が最も多くの脂肪を燃焼させるということになる。

 暑さが厳しい季節でも、涼しい朝のうちなら気持ちよく体を動かせる。体脂肪をコントロールしたい人は、ぜひ1時間早起きをして、ウオーキングやジョギングを試してみてはいかがだろうか。

 ただ、寝起きの身体はエネルギーだけでなく水分も枯渇している。血液がドロドロ状態のまま運動するのは大変危険なので、事前の水分補給をしっかりとしよう。

 また、体内に炭水化物が不足している状態でのハードな運動もお勧めできない。心地よさを感じるくらいの強度で行うのが秘訣だ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波