あなたの健康は<足>が左右する①

「足」トラブルがあなたの健康寿命を縮める!? 健康と足の密接な関係とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足首や趾のかたさが不調の原因に

 体重のすべてがかかる足は、「歩く」という人間の優れた動作を支えている。我々が思っているよりも、足は酷使されている「器官」なのだ。

 「足のトラブルの一例に<タコができる>ことがあります。これは、靴が合わないという原因のほかに、いちばん多いのは、足首や趾(あしゆび)がかたくなっていることが挙げられます」

 「たとえば、丸いボールはスムーズに転がるが、サイコロはガタガタとぶつかりながら転がります。足首や趾がかたいとスムーズな歩行ができず、サイコロのように不自然な負荷が体にかかるのです。この状態が続くと、外反母趾や足のシビレなど不調などにつながることがあります」

 そこで、日常で簡単にできる予防法を一つ教えてもらった。

 「趾に手指を差し込んで前後に曲げ伸ばしたり、趾を握り込んだり、開いたり、<グー・パー>を行います。そして足首、アキレス腱のストレッチを行うこと。特にヒールの靴を履いている時間が長い女性は、アキレス腱が縮んだ状態が続き、かたくなっています。入浴後にでも足、趾の状況をチェックする習慣をつけるといいですね」

 足のタコや痛み、シビレなどの根本を改善しなければ、それを繰り返すことになる。菊池院長は「足のことで困ったら何でも気軽に相談してもらいたい」と締めくくった。

kikuchi.jpg

菊池守(きくち・まもる) 
下北沢病院(東京都)院長。大阪大学医学部卒業後、香川大学医学部形成外科助手、大阪大学医学部形成外科助手を経て2011年からベルギー・ゲント大学、12年より米ジョージタウン大学留学。帰国後、佐賀大学医学部附属病院形成外科診療准教授などを経て、16年から現職。日本形成外科学会専門医、日本フットケア学会評議員、日本下肢救済・足病学会評議員。趣味はスノーボード。

下北沢病院 shimokitazawa-hp.or.jp
2016年に「足と糖尿病の専門病院」としてオープン。欧米の「ポダイアトリー(足病学)」の優れた点を取り入れ、診断から治療、手術、リハビリや栄養指導に至るまで、各分野の専門家が<足の健康>をトータルでサポートする。下北沢駅南口から徒歩5分。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆