嵐・相葉雅紀に<イケメン病歴>~「月9」新ドラマの結果次第で「肺気胸」再発も?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aiba.jpg

「月9」『貴族探偵』で主役を演じる相葉雅紀さん

 毎回話題を呼ぶフジテレビ系の「月9」ドラマ、番組枠30周年の記念すべき春の新番組『貴族探偵』で主役を演じているのは嵐の相葉雅紀さん(34)だ。

 主人公自身が推理をせずに謎を解くという前代未聞の設定ながら、年齢・家族・学歴・住所ばかりか本名も不明な自称・貴族(趣味は「探偵」)をソフトなイケメンぶりで演じる相葉さんだが、じつは別名「イケメン病」とも呼ばれる疾患の前歴を持っている。

 ファンにはよく知られた病歴だが、そもそも相葉さんは小さい頃からあまり体が丈夫なほうではなく、「お医者さんと友達になっちゃうくらい」(本人談)の通院少年だったという。

肺気胸の85%が40歳以下

 そんな相葉さんが「(右)肺気胸」と診断されて、5日間の入院を余儀なくされたのは二十歳前だった2002年3月のこと。

 2年後の24時間TV内でも、「僕が行かなきゃいけなかった仕事も、他のメンバーに行ってもらったり……その時にできた右胸の手術の痕、今では見る度、がんばろうって力をもらいます」と述懐していた。

 この「気胸(Pneumothorax)」とは、肺から洩れた気体(空気)が胸腔内に溜まり、(胸の肋骨のために膨らむこともできずに)圧迫して肺が外気を取り込めなくなった状態をいう。

 具体的な症状は、胸痛や呼吸困難、咳など。症状がなくても、稀に胸部レントゲン検査で発見されるケースもある。

 肺気胸はいまだに原因が明確でないため、「自然気胸」とも呼ばれる。傾向としては、背が高く瘦せ型の若い男性(10代~20代)に起こりやすいといわれている。

 もちろん、背の低い人、太った人、年配者、女性層が見舞われることも「稀」ではないが、発症の85%が40歳以下。とりわけ15~25歳の時期に最も起こりやすい疾患なのだ。

 これらの特徴から、別名「イケメン病」の由来も納得がいく。事実、芸能界でも俳優・佐藤健さんや芸人・矢部浩之さん(ナイティナイン)、アーティストの藤原基央さん(BUMP OF CHICKEN)もこの病に倒れていると聞けば、その俗称の真実味が増すというもの。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛