「フェイスリフト」で若返りはアリ? 微妙な評価と危険なリスクのあいだ……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「安かろう・悪かろう」のクリニックもある

 美容医療といえば、基本的に自由診療だ。つまり保険は効かない上、価格設定はクリニックの裁量で決められる。そのため価格競争に走る「安かろう・悪かろう」のクリニックがあることも、残念ながら否めない。

 国民生活センターによると、美容医療サービスに関する相談は、2011年1560件(うち販売方法や広告に問題のある相談838件)だったが、2015年には2090件(同1119件)に増えている。

 相談内容は「目の下のシワやたるみを取りたいと無料カウンセリングを受けたが、いきなり診断され即日施術。120万円払ったがシワもたるみも治っていない」「二重まぶたの手術を受けたが、糸がはみ出したまま」「鼻筋を際立たせるため注入充填剤を注射したら、顔面マヒになった」など、恐ろしい例が多数挙げられている。

ホームページや広告を鵜呑みにしない

 政府公報オンラインでも、美容医療サービスを受ける際に次のように注意喚起をしている。

①ホームページや広告の情報を鵜呑みにしないこと
②事前に受けたい施術や医療機関の情報を確認すること
③施術を決める前に、リスクや効果について説明を求めること
④その施術は本当に必要か冷静に判断すること

 ④は初診の日に施術を勧めたり、追加オプションを勧めたりすることがあるからだという。断れない雰囲気作りをするクリニックも。

 美容クリニックを選ぶ際は、日本美容外科学会認定の専門医がいることが一つの指標となるだろう。全国展開する美容外科クリニックチェーンのなかには、アルバイト医師もいるというから、その内実にも目を向けるべきだ。

 いずれにしても、自己責任が求められる医療であることは間違いない。確かな技術をもつ医療機関、医療従事者を選択することが大切だ。
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志