あなたも隠れた「仮面高血圧」では? 中年成人の16%が高血圧基準を満たしている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮面高血圧は脳卒中・心筋梗塞リスクが3.86倍

 この仮面高血圧とまったく真逆なのが「白衣高血圧」。診察室で測ると緊張して血圧が上がってしまう場合だ。血圧はその時々の体調や心理状態でも大きく変化する。白衣高血圧は緊張しやすい傾向があることが多く、すぐに疾患への関連性が問題視はされないが、仮面高血圧は注意が必要だ。

 アメリカ・コロンビア大学のトーマス・ピッカリング教授の研究報告では、脳卒中や心筋梗塞などのリスクは正常血圧の人を1とした場合、慢性的な高血圧で2.94倍、仮面高血圧では3.86倍にもなっている。

 早朝に血圧が高くなる「早朝高血圧」も仮面高血圧の一種と考えられている。朝に血圧を測ると高い数値となるが、病院で日中に図ると正常値になっている場合だ。やはり脳卒中や心筋梗塞になる危険性が高いといわれている。

 早朝高血圧で特に、夜間の血圧は低く早朝に急上昇するタイプ<モーニングサージ>は、心疾患リスクが特に高くなる。自治医科大学の研究では、慢性的な高血圧のに加えモーニング・サージがあると、通常の高血圧患者より脳卒中のリスクが2.5倍も高くなるとされている。

 では、仮面高血圧を発見するにはどうしたらいいのか?

 答えはきわめて地味なだが、血圧を、毎日家庭で規則的に計測することだ。朝と夜の1日に朝と夜の2回。血圧は夜間に上昇することが多いため、朝晩に測定することで「仮面高血圧」を発見しやすくなる。

 すでに高血圧の薬(降圧剤)を飲んでいる場合は、朝は起床後、薬を飲む前に。飲んでいない場合は起床後1時間以内に測るようにしたい。また、夜は就寝直前が理想だが、血圧は入浴やアルコールで下がるため、入浴や晩酌の前に測るほうがいい。

 正常値の目安は、家庭で測る場合125/80mmHg未満。3カ月程度続けて測定し、135/85mmHgを超えるようであれば医師の診察が必要だろう。

 家庭で毎日計るなんて面倒で難しいという人には「24時間ABPM(自由行動下血圧)測定検査」もある。携帯型の自動血圧計を取り付け、24時間の血圧を昼間は15分置き、夜間は30分置きに測定して、24時間の平均血圧を含め、詳細な血圧の評価を行える。保険診療で行うことができるので、専門医にこれも相談したほうがいい。

 仮面高血圧は、高齢者だけでなく、40代以上でも増えている。仮面高血圧の仮面を剥げ!
(文=編集部)

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘