高樹沙耶に先見の明!? 日本も大麻解禁か~先進9カ国はすでに「医療大麻」を認可

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の医療大麻の解禁はいつ?

 日本では、医療用であっても、輸入も研究も許可されない大麻。しかし過去には、がん性疼痛などの緩和のための研究として、カンナビノイドの研究がされている。

 2011年に厚生労働科学研究費補助金の下で、国立がん研究センターが中心となって、カンナビノイドの一種であるドロナビノールの研究がなされたのだ。

 この研究は「ドロナビノール等の新規治療薬についても、疼痛下での安全性が基礎的に明らかになり、今後の第Ⅰ相試験に当たって極めて重要な成果であると考えられる」と結論付けられている。

 NPO法人医療大麻を考える会によれば、研究成果そのものは、海外では常識的な範囲であり、目新しいものではなかったが、国立機関が国内でタブー視されている大麻を扱ったことの意義は大きいという。

 近年では、末期がんの身体でありながら、命懸けで医療大麻の必要性を求めた「山本医療大麻裁判」の故・山本正光さん(2016年7月15日死去)の訴えが印象的だ。

 肝臓がんで余命宣告を受け、医者に見放された病身で大麻を栽培・服用したところ、痛みが和らぎ、食欲が戻り、抑うつ気分も上昇し、さらに腫瘍マーカーの数値が軽減したという。

 山本正光さんは、余命宣告期間を過ぎた頃、大麻取締法違反で逮捕・起訴された。「厚労相も法務省も医療大麻の認可に取り合ってくれない中、生存権の行使として使用した」と亡くなるまでの半年間、裁判で争った。

 最近は、大麻はニコチンやアルコールよりも身体依存が低いという認識が一般的になりつつあるが、精神依存については異論もある。また、有益性だけでなく有害性、とくに低年齢層の健康に関するリスクについての指摘は見逃せない。

 さまざまな意味で大麻を受け入れる素地のない日本では、アメリカやカナダのような<合法化で全面解禁!>は夢の話だが、せめて医療分野の特定的な使用が認められれば、カンナビノイドの恩恵に与れる患者が救われるだろう。

 ただし、カンナビノイドの一種、カンナビジオール(CBDオイル)は、国内でも合法で入手できるので、医療効果を期待されつつある。医療大麻解禁の風穴を開ける一助になるかどうか、注目したいところだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子