映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』~究極の断捨離か? 日本の格差社会の未来モデルか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも意外と起こり得るホームレス生活

 物質主義から解放され、屋根がなくても雨風、寒さをしのぎそれなりに快適に生きる。だが、マーク自身は、華やかで自由で気ままに見える生き方に決して満足しているわけではない。

 家庭を持つことをあきらめる一方で、人生のパートナーと巡り会いたいという願望も抱いている。年老いた田舎の母がひとりで暮らす家に戻れば、50歳を過ぎて住む家もない自分に劣等感を抱くこともある。

 映画のなかでマークが、「どうしてこうなってしまったんだろう?」と自分に問いかける。もう若くはない年齢を考えれば、老後にも不安を抱いて当然だ。

 ホームレス生活が、思っている以上に我々の身近であり、我々が<普通の生活>と呼んでいるものとほとんど見分けがつかないものだとしたら? 『ホームレス ニューヨークと寝た男』は、現代の姿をありのままに映し出すことで、家やすべてを失うことが、意外と身近に起こり得るという疑問を投げかけている。

日本人にとって他人事ではないマークの葛藤

 翻って、日本はどうだろうか。いわゆる路上や野宿の生活者ばかりがホームレスではない。ネットカフェなど夜間営業店舗を渡り歩く人など、ホームレスの形態は多様化している。住まいのない人を囲い込む「貧困ビジネス」が社会問題となって久しい。

 アメリカで起こったことは、時を遅くして日本でも起きることが多い。現在のアメリカ社会は、今後の日本社会かもしれないのだ。

 非正規雇用者の割合が4割を占める日本では、経済的に安定した堅実な生活を選ぶことが難しくなりつつある。少子化の理由のひとつにも挙げられる、経済的な理由のため結婚したくてもできないというケースも依然として増えている。

 また、老後の十分な蓄えがなく、60歳を過ぎてもパートで働き、生活費を稼がなければならない老年のワーキングプアも問題視されている。年金や貯蓄が少なく、病気、事故、熟年離婚などを理由にやむを得なく貧困生活を強いられているいわゆる<下流老人>だ。

 こうした社会問題を抱える日本人にとって、マークの葛藤は決して他人事ではない。
(文=編集部)

『ホームレス ニューヨークと寝た男』
2014年/オーストリア、アメリカ/英語/ドキュメンタリー/83分 
原題:HOMME LESS 
監督:トーマス・ヴィルテンゾーン 
出演:マーク・レイ 
音楽:カイル・イーストウッド/マット・マクガイア  
配給・宣伝:ミモザフィルムズ 宣伝協力:プレイタイム/サニー映画宣伝事務所
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム 協力:BLUE NOTE TOKYO
公式HP:www.homme-less.jp
© 2014 Schatzi Productions/Filmhaus Films. All rights reserved www. homme-less.jp G(映倫) NOT FOR SALE
2017年1月28日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー。

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志