世界一辛い「ブート・ジョロキア」で食道破裂! 激辛好きは胃がん発症率が1.7倍

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過剰なカプサイシンの摂取で胃がん発症率が1.7倍アップ

 ドイツの場合、昨今の激辛グルメ人気を背景に、このカプサイシンの摂取事情を調査し基準量を設けているほどだ(日本では明確な基準がない)。

 また、辛いものを摂りながら「水」を飲むという人も多いが、実は水に溶けない性質のカプサイシンの場合は、ほぼ気休めに過ぎない。むしろ、お薦めは「牛乳」だ。

 普段から過剰にカプサイシンを摂取する人は、胃がん発症率が1.7倍アップとするデータもある。激辛嗜好派は、「薬」が「毒」と化しない程度をわきまえた摂取が賢明だろう。

 舌の付け根の味蕾(みらい)が壊れるほどの過剰な激辛摂取は、味覚障害(より濃いものを求めるなど)につながり、未来の健康を損ねてしまいかねない。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子