シリーズ「AIと医療イノベーション」第5回

AI(人工知能)で「新薬」の開発が変わる!国際競争力を培う産官学連携プロジェクトも始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際競争力を培う産官学連携のAI創薬プロジェクトも動き始めた

 日本の新薬開発は、欧米諸国に大きく水を開けられている。

 たとえば、米国のAI創薬の革新はとにかく速い。創薬ベンチャーのバーグ(マサチューセッツ州)は、AIを活用して脳や膵臓など40種類以上のがん細胞と健康な細胞の約14兆件ものビッグデータを比較・分析。新たな抗がん剤の開発に大成功し、治療に多大な貢献を果たしている。同じくアトムワイズ(カリフォルニア州)も、最先端のAIがエボラ出血熱に有効な候補薬をわずか1日たらずで発見し、世界を驚かせた。

 日本経済新聞電子版(2016年9月23日)によれば、このようなグローバルな新薬開発競争が激化するさなか、国内製薬大手の大きなブレークスルーの追風を受け、厚生労働省は、高い効果の見込める画期的なAI新薬の開発を後押しするAI創薬プロジェクトをようやく打ち出した。

 たとえば、巨額のコストがかかる抗がん剤なら、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所などの研究機関が、抗がん剤のシーズ(種)を発見しながら、AIを活用した新薬開発に専念する。日本の医療費41.5兆円(2015年)に占める治療薬のコスト比率は約20%だが、AI創薬プロジェクトなら医療費を大幅に抑制できると見込んでいる。

 どのようにプロジェクトを進めるのだろう? まず、民間企業が開発したAIを導入→AIが抗がん剤に関する国内外の膨大な論文やデータベースを読み込む→AIが学習・推論して見つけた候補薬のシーズ(種)を動物実験などの非臨床試験で検証→AIが検証した結果を学習・フィードバック→候補薬の分析力を蓄積・活用→臨床試験→製造承認の申請・審査→承認・販売という流れになる。

 このAI創薬プロジェクトの推進役は、医療研究の司令塔である日本医療研究開発機構(AMED)を核に、理化学研究所、産業技術総合研究所などが結集する創薬支援ネットワークだ。激しい新薬開発競争に晒されている日本の創薬力は低いことから、厚労省は有力な研究機関を結束し、産学官連携を強化しつつ、AI創薬に国ぐるみで取り組む見込みという。

 3億5000万円を投入するAI創薬プロジェクトは、来年度から立ち上がる。産学官連携がAI創薬の新たなブレークスルーになるかもしれない。期待したい。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「AIと医療イノベーション」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波