モデル・マギーさんが回転寿司で「シャリ抜き」! <誤った糖質制限>は栄養失調を招く

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せたいあまりに間違った糖質制限

 痩せたいあまりに<これまでの食事から糖質だけを抜く><糖質のない野菜中心のメニュー>というのは、実は栄養失調やカロリー不足を招く。

 たとえば、バランスの良い食事の理想的目安に「1日30品目」というのがある。すべての栄養素を満遍なく摂ると考えればそうなるのだろうが、果たしてそういうメニューを現実的に続けることができるだろうか?多くの人が、栄養素の分類を覚えるだけでお手上げかもしれない。

 できればラクしてやせたい方にお薦めなのが、これまで4000人超の患者のダイエットを成功させてきた「こくらクリニック」(沖縄県那覇市)院長の渡辺信幸医師が提唱する、30食ではなく「ひと口30回噛む」、MEC食の取り組みだ。

 「意外かもしれませんが、肉や卵は多くのビタミン類を含んでいる。野菜を食べたければ、まずMEC食(肉:Meet、卵:Egg、チーズ:Cheese)をたっぷり食べて炭水化物を控え、必要な栄養素を摂取してからにすればいいんです」

 糖質を抜いて野菜だけを食べていては、十分なカロリーも確保できない。渡辺医師が指導する1日当たりの食べる目安は、肉200g、卵3個、チーズ120g。これだけ食べても糖質は「ほぼゼロ」。美味しく味わいながら継続できそうだ。
(文=編集部)

渡辺信幸(わたなべ・のぶゆき)

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991年、名古屋大医学部卒業後、医療法人沖縄徳州会中部徳洲会病院に入職。伊良部島診療所院長、宮古島、石垣島徳洲会病院、徳州会新都心クリニック院長を経て、2010年6月、徳州会こくらクリニック(那覇市)院長に(現職)。離島、救急医療の経験から、予防医療の重要性を説き、MEC食の啓発活動に至る。著書に『一生太らない体をつくる「噛むだけ」ダイエット』『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな~肉・卵・チーズが健康長寿をつくる』『「野菜中心」をやめなさい~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる』『肉食やせ! 肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111!』。テレビ出演『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京)、『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日)。全国で講演活動。自らがラジオ番組のパーソナリティーを務めるFMレキオ80.6MHz「なべちゃんのレキオでダイエット」も好評。

渡辺信幸の記事一覧

渡辺信幸
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇