接待の飲食で「心臓病」! 血管に与える大きなダメージが<動脈硬化>を招く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチの見直しで健康を取り戻せ

 今回の研究では「接待漬け」の日々や、モニター前でバタバタと適当に摂る食事が、いかに血管にダメージをあたえるリスクが高じるか改めて明白になった。とはいえ、仕事の付き合いで、どうしても会食が避けられないビジネスパーソンもいるだろう。

 だが、ランチなら自由度が高く、誰でも好きなものを選んで食べることができる。一日の食事のうち昼食の内容を改善するだけで、生活習慣病のリスクが短期間に下がるという、ビジネスマンを対象とした国内の研究データもある。

 夜の接待や会食が多いという人は、ランチでは、以下のことに気をつけるといいだろう。

●おにぎりやパン、パスタなど、糖質が多く血糖値の上がりやすい単品メニューで済ませない。
●主菜や副菜など、なるべく4品目以上ある定食やセットメニューを選ぶ。
●ご飯は少なめにしてもらい、その分、小鉢などのサイドメニューを加える。
●和食、中華、イタリアンなどいろいろなジャンルの料理をローテーションする。
●主菜は肉・魚どちらかに偏らず日替わりで食べる。
●食事の順序は野菜や汁物から箸をつけ、その後、主菜を、最後にご飯やパンなどの糖質を食べる。

 <できる>ビジネスパーソンや経営者は、食事を決しておろそかにはしないと言われる。「次の健康診断の結果が怖い」という人は、まずランチの改善に取り組んでみてはどうだろうか。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子