エコノミークラス症候群を防ぐ「貧乏ゆすり健康法」はマナーを守って意識的に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「貧乏ゆすり」健康法はマナーを守って意識的に

 ただし、注意することが2点。第一に、下肢が他人から見えないようにすること。第二に、あくまでも意識的にやること。貧乏ゆすりの多くは、本人が自覚をせずにやってしまうことが多い。「貧乏ゆすりしてるよ、やめたほうがいいよ」と助言してくれるのは、家族か友人だけだろう。職場でそういう忠告をしてくれる人は少ない。

 「貧乏ゆすり」健康法をするためには、マナー違反をしているという自覚が必要なのだ。「貧乏ゆすり」を見た人は、それを健康法だとは思わないだろう。ストレスでいらいらしているみたいだから近づかないほうがいいかも、と判断されるかもしれない。

 下肢を動かすことで血流が促進される効果について、先のパディラ助教授は「座っているときに脚を動かしても、歩行や運動の代わりになるわけではない」と強調している。その通りだろう。

 椅子から立ちあがって屈伸をするだけで、下肢に滞っていた血液は流れ出し、体全体の健康状態はよくなっている。

 大切なことは、長時間じっとして歩行ができないことは健康リスクがあるという知識をもつこと。「貧乏ゆすり」は、血液の流れが悪い、体を動かして、というシグナルなのだ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫