シリーズ「病名だけが知っている脳科学の謎と不思議」第13回

医療先進国スウェーデンで「2つの難病」と苦闘した「2人のシェーグレン医師」の物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2つの難病」と苦闘した「2人のシェーグレン医師」

 さて、シェーグレン症候群を世界に先駆けて発見したヘンリク・シェーグレン。シェーグレン・ラルソン症候群をひたすら探求したトルステン・シェーグレン。「2つの難病」と苦闘した「2人のシェーグレン医師」のスウェーデン成功物語も大団円を迎えた。

 暮れ急ぐバルト海の秋は短い。黒い島並み。赤い漁り火。そんな海景に見とれながら、シュールストレミング(塩漬けニシンの缶詰)を肴に、シュナップス(蒸留酒)を傾けるヘンリクとトルステン。

 ヘンリクが言う。「口と目が乾くこの病気のおかげで、人生で大切なものを教わった」「なんだい、それは?」「心の潤い、それと頭の柔らかさだよ」

 1986年9月17日、ヘンリク・シェーグレンは87歳で他界。バルト海を望む丘陵地の墓地に眠る。死因は詳らかでない。

*参考文献/『アルツハイマーはなぜアルツハイマーになったのか 病名になった人々の物語』(ダウエ・ドラーイスマ/講談社)など


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「病名だけが知っている脳科学の謎と不思議」バンクナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆