小池新都知事も「子宮全摘」のサバイバーだった!新しい都政の難題をどこまで克服できるのか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産めば税金をマケる政策は明らかに男社会の発想

 小池氏は『小池ゆりこオフィシャルサイト』で「入院生活を通じて、各党が打ち出している少子化政策に違和感を持った自分に気づいた。子どもを産めば税金をマケる政策は明らかに男社会の発想。本質からズレている。少子化は男社会が築いたシステムに対する女の意識、無意識の反乱だ。少子化を前提とした国家プログラムを組むべきだ」と語っている。

 仕事か?子育てか?のジレンマ。それが女性の就業率の足を引っ張り、出生率の伸び悩みを招いている。選挙期間中、待機児童解消をひたすら訴え、都有地を活用した保育所増設などを強く主張した小池氏。2階建て通勤電車の導入、残業ゼロ、首都直下地震に備えた無電柱化、ペット殺処分ゼロのほか、外国人参政権の導入反対なども訴え、保守層の支持を得た。

 都行政の停滞を解消し都民ファーストの「東京大改革」がどこまでできるのか。小池百合子氏の2度目のサバイバルが始まる!
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆