イヌが“健康”を与えてくれる!~病気や老化予防のスペシャリストが太鼓判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気や老化予防のスペシャリストが太鼓判

 2014年、米国疾病予防管理センターは、病気予防のためには1週間で最低150時間の運動を推奨すると発表。イヌの散歩を1日20〜30分すればクリアできる時間だ。しかもイヌの散歩は、歩行のスピードや距離、そして毎日の定期的な運動であることが評価されている。

 米国高齢化研究連合会の代表であり、米ワシントン大学の「ご長寿犬組合」の理事でもあるダニエル・プロミスロー氏は、次のように述べる。

 「イヌでもネコでも、一緒に暮らせば孤独感が薄れ、ストレスレベルやコレステロール、血圧が下がることは広く知られている。しかもイヌには、散歩というオプションがある。その恩恵として病気に罹りにくいだけでなく、病気の回復にも良い影響がある」

 「毎日の散歩は、精神的にもプラスに働き、心理テストの結果も比較的良い。ただし、他のペットではどうなのか、どんな人が対象かという研究はもっと必要だろう」

 また、米フロリダ州薬科大学の老年医学のアリス・ポミドア教授もこのように話す。

 「多くの高齢者にとって、ペットは“社会との接点”となる。家族や友人、そして最愛のパートナーが亡くなった後でも、大切な心の拠り所になる。そのため、ホスピスや長期入所施設などでは、皆さんに安心感や喜びを得てもらうため、あえてペットを飼うところもあるほど」

 こうしたイヌからの恩恵は、科学的な根拠はさておき、愛犬家ならうなずけることばかりだろう。

 中高年は「自分が先に死んだら……」と最期の看取りを気にしてイヌの飼育に消極的な傾向があるが、イヌと一緒だからこそ「長く健やかな人生を送る」ことが可能になるのではないだろうか。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫