「早起きは三文の徳」に論争勃発? あなたの時計遺伝子が朝型・夜型を決める

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3952-2.jpg

早起きは三文の徳!?(shutterstock.com)

 「早起きは三文の徳」——―。

 子どもの頃、祖父母に諭され、両親に叱られながら、いやいや早寝早起きした思い出は誰にでもあるだろう。中学の英語教師から「The early bird gets the worm.」も教わったかもしれない。いい痛いどんな根拠がある言い伝えだったのか。今このかつての〝常識〟が大きく揺らぎつつある。

「早起きは三文の徳」はウソ!?

 2016年2月3日に発行されたオンライン学際的ジャーナル『Nature Communications』によれば、英国オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の名誉研究員ポール・ケリー博士は、「早起きは心身に大きな負担をかけるので病気につながる。今や『早起きは三文の徳』は古くさい非常識。悪習慣を改めるべきだ」と発表した。

 研究発表によると、ケリー博士は、五大陸の人種の睡眠パターンを総合的に分析し、各世代が勧める起床時間と起床後の活動開始時間を集計したところ、個人差はあるが、起床時間は青年期(15~30歳)が9時、壮年期・中年期(31~64歳)が8時、高齢期(65歳以上)が7時だった。

 さらに研究に参加した高齢者の遺伝子解析によれば、6時以前に起きる高齢者は7時以降に起きる高齢者よりも、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが約40%、糖尿病やうつ病の発症リスクが20~30%も高く、しかも重篤化しやすいことが判明した。早起きは健康に悪いのだろうか?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆