「早起きは三文の徳」に論争勃発? あなたの時計遺伝子が朝型・夜型を決める

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3952-2.jpg

早起きは三文の徳!?(shutterstock.com)

 「早起きは三文の徳」——―。

 子どもの頃、祖父母に諭され、両親に叱られながら、いやいや早寝早起きした思い出は誰にでもあるだろう。中学の英語教師から「The early bird gets the worm.」も教わったかもしれない。いい痛いどんな根拠がある言い伝えだったのか。今このかつての〝常識〟が大きく揺らぎつつある。

「早起きは三文の徳」はウソ!?

 2016年2月3日に発行されたオンライン学際的ジャーナル『Nature Communications』によれば、英国オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の名誉研究員ポール・ケリー博士は、「早起きは心身に大きな負担をかけるので病気につながる。今や『早起きは三文の徳』は古くさい非常識。悪習慣を改めるべきだ」と発表した。

 研究発表によると、ケリー博士は、五大陸の人種の睡眠パターンを総合的に分析し、各世代が勧める起床時間と起床後の活動開始時間を集計したところ、個人差はあるが、起床時間は青年期(15~30歳)が9時、壮年期・中年期(31~64歳)が8時、高齢期(65歳以上)が7時だった。

 さらに研究に参加した高齢者の遺伝子解析によれば、6時以前に起きる高齢者は7時以降に起きる高齢者よりも、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが約40%、糖尿病やうつ病の発症リスクが20~30%も高く、しかも重篤化しやすいことが判明した。早起きは健康に悪いのだろうか?

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛