お好み焼きは完全栄養食か? ファストフードが招く現代人の「新型栄養失調」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜ばかり食べても栄養失調に

 新型栄養失調を防ぐには、バランスのとれたメニューを心がけることに尽きる。ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれる野菜は、特に意識して食べたい食材だ。

 厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では、1日に摂取する野菜の量を350gと目標に掲げている。

 350gがどのくらいかというと、青菜のお浸しのような小鉢が約70gなので、5皿分が必要だ。野菜炒めなど大皿はその倍くらいと覚えておくといい。

 とすると、毎食野菜の小鉢を1皿つけ、野菜メインの大皿料理を1日1回食べなければならない。ハンバーガーに挟んだレタスではとても足りないことがわかるだろう。

 一方、シニア世代でも栄養失調は深刻な問題だ。こちらは、メタボリックシンドロームを恐れるあまり野菜中心の粗食ばかりして、必要な栄養素が足りなくなる=低栄養というもの。これをきっかけに要介護へまっしぐらということもある。

 近年、タンパク質と脂質の摂取の重要性が常識となっている。実は、ビタミンやミネラルは肉や魚にも豊富に含まれる。野菜一辺倒の従来のヘルシー志向も考え直すべきかもしれない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇