ALS患者の人工呼吸器装着の是非〜映画『君がくれたグッドライフ』に見る安楽死・尊厳死の選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安楽死・尊厳死の法案化は「生きる権利」を脅かす?

 病気の辛さから逃れるため、尊厳を守るために、安楽死や尊厳死を望む患者がいる。彼らが「死の権利」の法制化を求めることは当然のことだろう。

 反対に、生きる意思はあるのに、家族への負担を思うとなかなか言い出せず、呼吸器を付けずに亡くなる人もいるという。もし法制化が実現したとしても、患者が「生きる権利」を選択しづらくなるような状況があってはならない。

 ALSは、視覚、聴覚、意識、知能などが維持される病気であり、人工呼吸器装着後でも、ブログなどで生きているという実感や呼吸器への感謝を報告する人は少なくないのだ。

 この映画の主人公は、安楽死を選ぶことで、自分の希望する最期を迎えた。それでは、生き続けたいと望む患者は、どうしたら後ろめたさを感じずに生を選択できるのか?

 今の日本において、そうした患者や家族に少しでも「グッドライフ」をもたらすのは、やはり公的支援と人工呼吸器装着者受け入れ施設の充実に尽きるのだろう。

『君がくれたグッドライフ』
 2014年/ドイツ/95分/カラー/PG-12
 監督:クリスティアン・チューベルト
 出演:フロリアン・ダーヴィト・フィッツ、ユリア・コーシッツほか
 ©2014 Majestic Filmproduktion GmbH / ZDF
 公式サイト:goodlife-movie.com
 5月21日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかでロードショー

(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆