韓国の「加湿器殺菌剤製品」で死者100人! ヒット商品が「殺人器」に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死傷者続出の事件発覚から5年もの歳月

 この種の加湿器用殺菌剤市場は、オ社が9割のシェアを占めていた。が、同じ原料を使った殺菌剤はスーパー大手2社(ロッテマート、ホームプラン)も過去に販売してきた。

 期間は最長10年間にも及ぶがその間、3社の製品利用者らは加湿器から噴出される有害薬品を吸引。結果、肺胞が硬化する「線維化」を発症して呼吸困難に陥ったとみられている。

 じつはオ社の委託を受けた前出・50代教授は、実験開始の3カ月後(2011年11月半ば)時点で「妊娠したマウスの15匹中13匹が死亡した」との中間報告書を提出。

 しかしオ社は、一般マウスと妊娠マウスの報告書を分ける(=対照実験の原則に反する)よう求め、因果関係が曖昧な前者の実験報告のみを正式に受け取ったという。

 それにしても、死傷者続出の事件発覚から今回の初謝罪&逮捕劇にいたるまで5年もの歳月が流れている。

 その間の証拠隠滅も当然疑われているが、死者100人前後という深刻な事態下で外資系企業への徹底追及を怠ってきた朴槿恵政権の弱腰ぶりは責められて当然だ。

 「第二のセウォル号」事件とも「家の中のセウォル号」事件とも称される本件。言い逃れする企業側からは「黄砂」や「PM2.5」「特定不能なウイルスでは?」などの真犯人説が呟かれてきたという。

 ちなみに前掲3社の殺菌剤、日本国内では一切販売歴がなく、厚生労働省も迅速に「加湿器には水道水以外は使わない」よう注意喚起している。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆