PCのヘビーユーザーはボケない!? PCライフの減少は“精神機能の低下”?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寄せる年の波はキーボードで防ぐ!?

 良し悪しを別にすれば、PCと向き合える時間が長ければ長いほど若さの証明ともいえるのか。

 使用時間の記録とMRI撮影で解析した本研究でも、PCを1日あたり1時間長く使うと「海馬の容積が0.025%大きくなる」という関連が認められたという。

 PCを使ったリハビリ効果は、医学誌『Journal of Physical Therapy Science』に載った研究論文でも示唆された。これはアルツハイマー型認知症の患者35人を対象に、PCを週5回の頻度で1日あたり30分使ってリハビリに臨ませた。

 具体的にはPC画面上に絵やコトバを表示し、被験者が記憶した内容(=回答)をマウス操作で応えていくというもの。約4週間に渡るこのリハビリの結果、被験者間で単語やモノを記憶する成績の向上が認められたという。

海馬の容積も比例して減少する可能性

 厚生労働省の概算によれば日本人の場合、65歳以上の高齢者のおよそ7人に1人が認知症とみられている。予備軍の軽度認知障害(MCI)を含めれば4人に1人だ。日米間の事情格差は諸々あろうが、ポートランド発の研究対象が同じ「65歳以上」である点は看過できない。

 もっとも、今回の研究はオンライン時間と精神機能の関連性には迫ったものの、直接の因果関係を突き止めたものではない。だが、PCの使用時間が減ったぶん、海馬の容積も比例して減少する可能性にたどりついた。

 であれば、その関連性から「将来の思考や記憶低下の程度を予測しうるかどうか?」は今後の課題だ。Silbert氏らも「今回の被験者たちの追跡調査を行なう予定」と表明している。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆