>  >  > 安全な「コンタクトレンズ保存液」の選びのポイントは?
シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」13回

安全な「コンタクトレンズ保存液」の選び方は? 「こすり洗い不要」を鵜呑みにするのは危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MPSでも手のひらでレンズをこすり洗いを

 どうしても使う場合は、「こすり洗い無用」と謳っていても、「つけおき」だけにしないで、「こすり洗い」「すすぎ」を必ず行い、危険な成分をコンタクトレンズに残留させないようにすべきだ。

 くれぐれもMPSは、手のひらでレンズをこすり洗いし、すすいでから使用するものということを忘れないように。

 安全なコンタクトレンズ保存液は、化学物質の使用を極力抑えている製品だ。たとえば、昭和製薬のコンタクト用食塩水などが挙げられる。これでコンタクトレンズの「こすり洗い」をするのが、安全で安心だ。

 この製品には0.9%の塩化ナトリウムしか混ぜられていない。0.9%の塩化ナトリウムというのは、涙と同じ浸透性なので、コンタクトレンズに残留していても問題ないし、コンタクトレンズをつけたときに違和感を有さない。化学物質過敏症の人でも安心して使える。


シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」バックナンバー

郡司和夫(ぐんじ・かずお)

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法政大学卒。食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。

郡司和夫の記事一覧

郡司和夫
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行