清原和博は更生できるか?薬物依存はサポートなしでは再犯する確率が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬物中毒の治療や回復には周囲の人々のサポートが不可欠

 薬物中毒からの治療や回復は、どのようにすれば可能だろうか?

 「幻覚や妄想といった急性期の症状に対する医学的治療を終えてからが、薬物依存症に対する本当の治療の始まりです。つまり“再発防止”です。入院や通院治療で、いま広く行なわれているのは、集団認知行動療法、特にマトリックスモデルといわれるプログラムです」

 「このプログラムでは、自分が薬物の使用に至ったプロセスを振り返り、どのような時に薬物に対する欲求が生じやすいか、何が引き金となったのかを分析することで、それを自覚し早めにコントロールする方法を学びます」

 また、薬物中毒から抜け出すためには、家族をはじめ周囲の人々のサポートが不可欠である。

 「治療に関しては、当事者ひとりで立ち向かうことはほとんど困難であることから、グループ治療を基本に、お互い支え合いながら毎日毎日をクリーンに過ごしていくことが目標となります。ミーティングや規則正しい生活スケジュールはいうまでもありませんし、必要に応じて家族へのサポートも求められます」

 そして「回復には時間がかかりますし、行き戻りするのが普通です。そのためにも理解ある仲間や家族の存在は大きいのです」と強調する。

 清原容疑者の覚せい剤使用は、選手時代にさかのぼるといわれている。今後どのような刑が課せられるにせよ、適切な治療とサポートを受けて薬物を断ち切ってほしいと願うばかりだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆