シリーズ「DNA鑑定秘話」第25回

ルーシー・ブラックマン殺人事件の決め手となった毛髪鑑定

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この事件は、殺害の猟奇性、特異性のため、初動捜査は難航した。だが警視庁は、ルーシーの両親から毛髪の提供を求め、毛髪によるDNA鑑定を行なった。

 毛髪鑑定とは何か? 毛髪鑑定に使われるSTR法は、DNA配列が繰り返す反復数(Short Tandem Repeat/短鎖縦列反復配列)を調べる鑑定法だ。子どもは、DNA配列が繰り返す反復数を両親からそのまま受け継ぐため、親子の血縁関係が科学的に確認できる。

 毛髪は、皮膚の中にある根毛と皮膚の外にある毛幹に分けられる。毛髪を強く引き抜くと、根毛に白い毛球(毛乳頭)が付いてくる。この毛球(毛乳頭)はタンパク質なので、核細胞(根鞘細胞)の中に存在するDNAを分析すれば、親子の血縁関係が簡単に判明する。

 この事件では、ルーシーの遺体に残存していた毛髪と両親の毛髪のDNA鑑定を進めた。その結果、親子関係が実証されため、ルーシーの身元が判明し、犯人を絞り込むことができた。

 ちなみに、毛髪鑑定には、DNA鑑定の他、毛の特徴や状態を調べる形態学的検査、ABO式血液型検査、染色の状況や薬物の使用状況を調べる元素分析検査がある。

 2001年3月3日、ルーシー・ブラックマンの遺体はイギリスに帰国。その後、裁判の動向を追いつつ、2005年3月23日、葬儀が執り行われている。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇