シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第11回

最晩年の江戸川乱歩は「パーキンソン病」と闘いながら口述筆記で執筆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本中が熱狂した東京オリンピックの翌年、1965年(昭和40年)7月28日、くも膜下出血のため絶息、享年70。蝉しぐれを背に、8月1日、推理作家協会葬がとり行われた。

 乱歩の死因となったくも膜下出血は、脳を覆う3層の髄膜(硬膜、くも膜、軟膜)のうち、2層目のくも膜と3層目の間のクモ膜下腔にある脳脊髄液中に出血する急性疾患だ。出血は数秒だが、血液は急速にクモ膜下腔全体に浸透するため、頭蓋内圧亢進症状、髄膜刺激症状、一過性の脳虚血症状を招く。働き盛りの50歳から60歳で発症しやすく、再発しやすい。脳卒中の8%、突然死の6.6%を占める。

 乱歩の死因を詳細に分析した資料はない。ただ、くも膜下出血は、主として動脈の一部が膨らみ、動脈の血管壁が脆くなる脳動脈瘤の破裂によって引き起こされる。乱歩の持病とされる高血圧、動脈硬化が致命的なリスクファクターになった可能性はあるかもしれない。また、パーキンソン病が何らかの誘因になった可能性も否定できない。

 乱歩は、サイン会で色紙にサインする時、「現世(うつしよ)は夢、夜の夢こそまこと」、「昼は夢、 夜ぞ現(うつつ)」としたためた。夢か現か、現か夢か。乱歩は、おどろおどろしい怪奇・狂気・神秘の迷宮で、今もまどろんでいるのだろうか?

 シャーロック・ホームズ、アルセーヌ・ルパン、金田一耕助など、愛好される名探偵は多い。だが、明智小五郎と怪人二十面相の対決の面白さ、推理の巧みさは、大正、昭和、平成と時代が移っても、色褪せない。乱歩は、読者に警告する。

 「犯罪と云う怪物を相手にする時は自らが怪物と化さぬよう、気をつけねばならない。闇を覗こうとする時、闇もまた君を見ていると云う事を心に留めておきたまえ」


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。


シリーズ「傑物たちの生と死の真実」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆