ウォーキングのダイエット常識を変えた! “変速” でエネルギー消費量が最大20%アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Srinivasan氏は「もし、より多くのカロリーを消費したいなら、少し変わった方法で歩くといい」とアドバイスしている。具体的には「バックパックを背負って歩く」「脚にウエイトをつけて歩く」「しばらく歩いて立ち止まり、歩き出すことを繰り返す」「真っ直ぐではなく、くねくね蛇行して歩く」などだという。

 翻って日本にも、この研究に似たものがある。信州大学の能勢博教授が提唱する「インターバル速歩」だ。息が弾む程度の速歩きと、普通の歩行を繰り返し行う健康法で、6200人の中高年者を対象とする実験を行った。すると、肥満解消や筋力アップ、高血糖や高血圧の改善などの効果が得られることが分かった。

 ただしこちらは、長時間の速歩きが中高年者の呼吸器や膝に負担をかけるため、無理なく続けられることを目的に考案されたもの。速歩きの間に同じ長さのゆっくり歩きを挟むことで心身がリフレッシュされ、また速歩が続けられるという。もし、こうしたメソッドが今回の研究結果と融合されていけば、無理せず確実に脂肪を燃焼できる、健康効果の高いウオーキング方法が開発されるのではないだろうか。

 どうしても痩せたいけど、長時間速く歩き続けるのは辛い。そんな人はぜひ「インターバル」や「くねくね」ウォーキングで、遊びながら気持ちのいい汗を流すことから始めてみてはどうだろう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子