>  >  >  > 40代から注意したい「オーラル・フレイル」とは?

老化の始まりは歯や口の健康から! 40代から注意したい「オーラル・フレイル」とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歯が痛くならない限り歯医者へは行きたくないというのが人情だが、歯周病が悪化してからの受診では、早期治療と比べ治療期間も長く医療費も高くつく。歯が抜けてしまった場合、インプラントや入れ歯も検討されることだろう。インプラントの相場は1本あたり30〜40万円と言われているから経済的にもピンチを招く。

 そうならないためにも、毎日の歯磨きを心がけるとともに年に1度は歯科健診を受けるようにしたい。歯周病の早期発見はもちろん、昔のむし歯治療のメンテナンスをしてもらういい機会だ。さらにその際に、自分では取りきれない歯周ポケットの中もプロの手でクリーニングしてもらうと安心だ。

 40代からの心がけで、高齢になっても「オーラル・フレイル」を寄せ付けない健康なお口に!
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子