グルメ食であなたの寿命が延びる? "心臓に優しい"レシピを高知県が発案!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 心臓に優しいレシピとはどのようなものなのか? ひとことでいうならば、「塩分とカロリーを控えたもの」。一日分3食のエネルギー量は1600~1700kcalで、食塩量は一日当たり6g未満に設定されている。

 一般的な外食のカロリーと食塩量を比べてみると、これがいかに低く設定されているかが分かる。たとえば、よくある定食屋のメニュー「ロースかつ定食とグラスビール」は1375kcal、食塩量4.3g、「紅鮭幕の内弁当」706kcal、食塩量5.1g。一食だけで一日の必要量の大半をとっていることが分かる。

 「ハートレシピ」はそのほかにも、野菜や海草、キノコなどを一日350g以上、一日当たりの食材は約30種類以上使用するという条件で作成。また、3食のエネルギー配分は「昼食>夕食>朝食」で、メニュー全体を通したエネルギー平均比率は、朝食29%、昼食37%、夕食34%。一日の活動量に沿った栄養摂取が実現すると同時に、内臓への負担を減らす量に設定された。

「だし」や「香味野菜」で減塩を意識させない

 塩分が抑えられると、どうしても味の薄さにつながるが、「だし」や「香味野菜」をうまく使って香りと旨みを作り出し、高知の地元食材を活用することで、素材そのものの味にフォーカスさせて回避しているという。トマトの旨みや、ゆず・土佐文旦などの柑橘類の酸味を用いて減塩する、といった具合だ。

 地元食材の活用メニューは、高知名物の山菜「いたどり」を使った炒め物、旨みが特徴の地鶏肉「土佐ジロー」を使ったタンドリーチキンやチキンサラダ、特産の筍「淡竹(はちく)」を使った煮物、ブランド和牛「土佐赤牛」を使った焼肉丼など。土佐県民が好む「酢」を活用した、初がつおのちらし寿司や、鯛と鮭のカルパッチョなども地元ならではといえる。

 心疾患は、日頃の食習慣をはじめとした生活習慣に気をつけることが第一歩。食事によるリスク回避といえば"我慢"をイメージしがちだが、ハートレシピは、食材を楽しみながら、気軽に心疾患を予防するきっかけを与えてくれそうだ。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆