立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新の研究では、「座って過ごす時間が長いと心血管系に悪影響をおよぼす」ことも指摘されている。「たとえ定期的に運動をしている人でも、座って過ごす時間が長いと心血管系に悪影響をおよぼす」という報告が、『European Heart Journal』(オンライン版・7月30日)に掲載された。

 座る時間が長いと血糖値や脂質値が上昇し、体重増加、心疾患の発症につながる。だが、1日2時間、座位から立位に替えることで、これらの指標が改善し、ウエストも細くなるという。

 研究を主導した豪クイーンズランド大学のGenevieve Healy 氏は「座る替わりに立って過ごすことが、心血管代謝に好影響をおよぼす。座るよりも立つ時間を長くすることで、血糖値やコレステロール値は改善し、さらに、座る時間をウォーキングに替えることでウエスト周囲長やBMIの改善も図れる」と述べている。

 同氏らは、オーストラリア糖尿病・肥満・ライフスタイル研究(Australian Diabetes,Obesity and Lifestyle Study)に参加した男女782人(36~80歳)に活動量計を提供。「座位・臥位・立位・歩行・走る」に費やす時間を追跡した。

 また、対象者には、血液検査、血圧・ウエスト周囲長・身長・体重(BMI)測定を実施。活動量計は24時間、7日間にわたって装着された。

 その結果、1日2時間を座位から立位に替えると、空腹時血糖値が2%、トリグリセライド(中性脂肪)が11%、それぞれ有意に低下。立っている時間が長いほど、コレステロール値の改善に関連していた。

 さらに、1日2時間を座位からウォーキングやランニングに替えることで、BMIが11%低下し、ウエスト周囲長が7.5cm減少することもわかった。ウォーキングに替えた場合には、さらに食後2時間血糖値の11%低下、トリグリセライド値の14%低下に関連していた。

 「自身の心臓の健康とウエスト周囲長低減のためにも、"座るな、立ち上がれ"」と、同氏は訴えている。

"運動"よりも"立つ"ことが重要

 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心臓病学教授のGregg Fonarow氏は、「これまで多くの研究から、座っている時間の長さが糖尿病や心疾患、若年死亡に関連することが示されている」と指摘。座っている時間が長い人では、たとえ定期的に運動していても早期死亡リスクが高い。だが、最も健康のリスクが高いのは「まったく運動しない人」だという。

 付随論説を執筆した米メイヨークリニック(ミネソタ州)の心臓専門医であるFrancisco Lopez-Jimenez氏は、「これまで社会は "運動"に注意を払いすぎてきた。座っている時間を長くとりすぎないこと、"立つ"という低強度の運動の重要性にも留意すべきだ」と述べている。

 もちろん、運動が習慣化できるに越したことはないが、1日2時間程度の「立つ」習慣は、あなたの健康を左右しそうだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆