ドラマ『死の臓器』武田鉄矢演じる医師のモデルとなった人物の臓器売買疑惑と日本の臓器移植の問題とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の腎臓移植は2013年の1年間で合計1,586例が施行されており、そのうち生体腎移植は1,431 例で実に全体の90.2%になっており、献腎移植155例(9.8%)ときわめて低い割合だ。しかも前年より献腎は減少している。(日本移植学会、日本臨床腎移植学会統計報告より)。

 人口100万人当たりの移植件数を見てみるとでも、アメリカが約50例あるのに対し、日本はわずか5件程度にとどまっている。もちろん主な理由は、臓器提供の少なさだ。国際的には人口100万人当たり、15~20人程度の臓器提供が一般的。80人程度あれば、自給自足はできるとするデータもあるが、日本はわずかに0.5~0.75人だ。

 その上、日本は世界有数の渡航移植大国でもあり、世界中の臓器を買いあさっているとの批判もある。こうしたあまりにも移植用の臓器提供が少ない日本で、臨床医の経験と卓越した技術、さらには"移植難民"救済の可能性を模索した結果が修復腎移植だった。

『死の臓器』は、こうした腎臓移植をめぐる日本の医療の現実をしっかりと理解しておくとさらに面白くなるはずだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子