人気ユニット「Perfume」も苦労する"ハイヒール" 腰痛や捻挫、中足骨症......足指の変形も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 残念ながら、「ハイヒールを履く」ことは、日常生活の使用でも、これだけのダメージを及ぼす。そう考えると、 "背骨が曲がる"というのは、あながちオーバーなことではないかもしれない。

 では、女性はハイヒールを諦めるべきか。ちなみにPerfumeメンバーは、3、5、7mmとさまざまな厚さの「インソール」を何枚も準備。カカト、爪先など部位別に複数を使い、ミリ単位で調整しているとのこと。一般の方も、負担軽減の参考になるかもしれない。

 ハイヒールのファッション性はすてがたい魅力だが、カラダに支障が生じては元も子もない。長時間の使用は避け、"ここぞ"というときのアイテムにすべきかもしれない。
(監修=三木貴弘)

三木貴弘(みき たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在はクリニック(東京都)に理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子