腸内細菌を徹底解剖 第11回

排便記録アプリ「うんコレ」も開発! エンジニアやデザイナーが立ち上げた「日本うんこ学会」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 例えば、大腸がん予防のために排便観察ではなく、カードを引きたいから排便観察するというように、モチベーションを煽る必要がある。便を観察すると、何らかのインセンティブやモチベーションにつながればいい。トイレの中でスマホをいじりながら、ゲーム感覚で記録できればいい。

 こうして「うんコレ」は幕を開けた。

ゲームを楽しみながら、大腸がんの検診の輪を広げよう!

 「うんコレ」は、ゲーミフィケーションを用いた健康習慣の獲得につながる行動変容の適例だろう。ゲーミフィケーションとは、ポイントやスコアやアイテムの獲得などのゲーム性を取り入れ、利用者のモチベーションや競争意識を高めるマーケティング手法だ。排便観察をせず、進行がんが発見された場合なら、手術、抗がん剤治療に数百万円の治療費がかかる。「うんコレ」で早期発見できれば、治療費は1/3に収まる。

 「うんコレ」は、うんこの擬人化ではなく、腸内細菌の擬人化という新たなカードゲームのコンテンツだ。トイレでスマホゲームをするだけで、健康状態に応じた検診のオススメが出る。課金の代わりに、うんこ報告をすれば、レアカードが引ける。あらゆる大腸菌が住まう国ウントピアの住人たちは、大腸菌を身にまとい闘う。身にまとう大腸菌によって戦闘能力のスキルが変わる。「うんコレ」は、自分の排便状況を報告しながら遊べる世界初のカードゲームプロジェクトだ。

 このように、「うんコレ」は、楽しく健康管理することをテーマに、排便状況の観察によって健康意識を高めながら、大腸がんの検診や検便へつなげる健康情報のプラットフォームをめざしているのだ。

 「うんコレ」は現在、本業の傍ら、プログラマー、SE、アニメプロデューサー、イラストレーター、音楽家などがボランティアとして協力して開発している。興味があるボランティアスタッフも募集中。「うんコレ」のリリースは、iOS版、Android版ともに、2015年の夏以降の予定だ。

「腸内細菌を徹底解剖」バックナンバー

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆