ソーシャル疲れで「新型うつ」に!TwitterやFacebookの中毒者はメンタルを気をつけろ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●ソーシャル疲れから「新型うつ」へ

 最近、「新型うつ」が流行っている。仕事や学業などの場ではひどい「うつ症状」に陥るが、そこを離れると普通の生活が送れるというタイプだ。これは、精神科医が「作り出した病気」という指摘もあるが、一方で、こうした特定の場でだけ「うつ症状」を示す人たちも確実に存在している。決して怠けているわけではなく、働きたい、学びたいと願いながら、どうしても体と心がついていかない人たちである。

 現在、「新型うつ」について、さまざまな角度から原因究明が行なわれているが、まだ、はっきりとした答えは出されていない。そして、最近ではSNSにも「新型うつ」の原因の一端があるのではないかという意見が出されている。

 かつて、人間関係が希薄になり、強烈な孤独感を抱え込むことによって心を病むケースが多かった。故郷を離れて都会の大学に入り、新生活を送り始めた直後の5月に陥る「うつ状態(5月病などとも呼ばれた)」などにも、そうした孤独感は関係していた。

 しかし、SNSから生じる「うつ状態」は決して孤独感を抱え込んだ結果ではない。むしろ、濃すぎる人間関係や他人との関わりが原因となっていく。それは、誰か特定の友人や家族との「人間関係」ではなく、長時間にわたってSNSに関わることによる、バーチャルなソーシャルメディアという巨大な「人間関係」なのである。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子