増粘多糖類に関する記事まとめ

 食品のとろみや固さを調整したり、ツヤを出したり、保水性を保つといった働きがあり、ジャム様のペースト、タレなど、さまざまな食感を与える粘性の高い多糖類である。さまざまな種類のものがあり、使用されるときには1種類ではなく複数で使用されることが多く、簡略化されて一括表示と同じように扱われている。主なものに、柑橘類やリンゴが原料となるペクチン、海藻から抽出されたカラギナン、マメ科の植物の実から抽出されたタマリンドガム、ローカストビーンガム、微生物が生成するキサンタンガムなどがある。
 
 家庭の調味料などでよく見かけるキサンタンガムは、やわらかいとろみとツヤを出すもので、ドレッシングによく使われる。ドレッシングのビンが立っているときには固めのとろみを保ち、中身は分離しないが、ビンを傾けるとサラサラとした粘りが出て、野菜によくからむといった特長を持つ。原料は特定の細菌(遺伝子組み換え)が生産する粘液で、使用した食品に「発酵で作られた」と表現される場合がある。よく加工デンプンと併用して使用されている。
 
 カラギナンは海草から抽出される天然の増粘多糖類。いくつか種類があり、寒天やゼリーのように固めるゲル化剤やとろみをつける増粘剤として使用されている。ただ、安全性に疑問があり、EU委員会では、カラギナンの中に含まれる分子量5万以下の成分は5%以下という規格を決めている。しかし、日本では公的な制限はなく、2012年5月に日本製のゼリーがEU(英国)で輸入差し止めなった。

増粘多糖類に関連するキーワード

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇