「尿の色の異常」について

血液を濾過して尿を生成する腎臓は、肝臓と同様、沈黙の臓器と呼ばれ、なかなか症状が表に出にくい。赤色~赤褐色(血尿)の場合は、急性・慢性糸球体腎炎、腎臓・尿管の結石、腎がん、黄褐色~茶褐色の場合は、胆管がん、急性肝炎、肝硬変、肝がん、ワイン(コーラ)色の場合は、ポルフィリン症、溶血性貧血、発作性夜間血色素尿症などが疑われる。

「尿の色の異常」から考えられる病気

赤色~赤褐色(血尿)
急性糸球体腎炎
慢性糸球体腎炎
尿管腫瘍
急性腎盂腎炎
多発性囊胞腎
腎がん
遊走腎
腎臓結石
尿管結石
前立腺肥大症
前立腺がん
膀胱がん
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
膀胱結石
特発性腎出血
黄褐色~茶褐色
胆管炎
胆管がん
A型急性肝炎
B型急性肝炎
C型急性肝炎
劇症肝炎
肝硬変
肝臓がん
胆管細胞がん
ワイン・コーラ色
先天性ポルフィリン症
溶血性貧血
発作性夜間血色素尿症
アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘