「動悸」について

動悸とは、心臓の拍動が自分で感じられる状態であり、普段は意識しない心臓の拍動を不快なものとして感じる症状のことをいう。「心臓がドキドキする」などと表現されるが、必ずしも心拍数が上昇しているわけではない。動悸が起こったら、脈拍に異常はないか、随伴する症状はないかなどに気をつけて、たとえ激しいものではなくても診察を受けよう。

「動悸」から考えられる病気

心臓が原因
急性心不全
心臓弁膜症
心筋炎
肥大型心筋症
拡張型心筋症
徐脈頻脈症候群
房室ブロック
期外収縮
発作性上室性頻拍
心房細動心房粗動
心臓以外
貧血
慢性骨髄性白血病
甲状腺機能亢進症
低血糖症
褐色細胞腫
COPD
パニック障害
過換気症候群
心臓神経症
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔