呼吸器

急性・慢性の気管支炎

どんな病気 急性の気管支炎は、風邪などによる上気道の炎症が下気道まで及び、気管や気管支が炎症を起こす病気です。多くは、上気道のウイルス感染(風邪症候群)に引き続いて起こりますが、細菌の感染が合併することもあります(混合感染)。一般的に経過は良好で、肺炎と違って重症化しないのが…続きを読む

急性・慢性の気管支炎

肺がん

肺がん

風邪症候群

風邪症候群

肺結核

肺結核

肺炎

肺炎

肺気腫

どんな病気 肺気腫とは、肺胞が弾力性を失って古くなった風船のように膨れてしまい、その結果、息を十分に吐くことが困難となって呼吸困難が生ずる病気です。 呼吸器系は、大きく気道系と肺胞系に分けられます。気道とは、口・鼻から始まって咽喉頭~気管~気管支へと次々と分岐し最終的に1…続きを読む

肺気腫
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔